PC部材事業(建築)

柱や壁などをあらかじめ工場で製造する建築部材をPC部材と言います。

SMCプレコンクリートは、高度成長期の高い住宅需要に工業化工法(PC工法:PC部材を使用した建築工法)で応え、数多くの集合住宅建設の実績を築きました。
なぜこのようなことが可能になったのでしょうか。それはPC工法で使用するPC部材が、あらかじめ工場で建物の構造部材(柱、梁、床など)として生産されるからです。
建設現場でコンクリートを型枠に流しこむ従来の工法に対して、高品質・高精度なPC(プレキャストコンクリート)部材を現場に搬入し省力施工できるPC工法は、耐震性、耐久性、防火性などの構造性能、耐熱性、遮音性、防水性などの居住性能にもたいへん優れています。
均一の高い品質やミリ単位の高精度は厳しく管理された工場生産ならではの特徴であり、施工現場での環境負荷も少なくすみます。

PC工法の特徴

1.高品質・高精度
品質管理の厳しい工場で生産されるため、均一で高い品質、ミリ単位の高精度な部材を供給できます。単品・複数を問わず安定した規格品を供給できます。

2.耐震性、耐久性、防火性、耐熱性、遮音性、防水性
高品質・高精度なコンクリート部材であるため、高い構造性能(耐震性、耐久性、防火性)と居住性能(耐熱性、遮音性、防水性)を発揮します。

3.工期短縮
現場では従来の型枠作業がなくなり、部材の組立作業によって工程を簡略化できるため工期が短縮します。

4.省労務化
工場・現場とも従来に比べ作業が簡略化されるため、労務の軽減化が図れます。

5.省資源化
工場で使用する型枠には、貴重な木材でなくリサイクル可能な鋼材を使用します。また現場で出る廃材も軽減できます。

  • エヴァーノート
  • はてなブックマーク
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • グーグルプラス
  • ユーチューブ
Copyright © SMC Preconcrete Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ページ上部へ